2011年03月23日

大震災について

最初に、東北地方太平洋沖地震で犠牲になられた大勢の皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 地震発生から早くも1週間が過ぎた。
この一週間、上海に住んでいながら、本当にハラハラ・ドキドキだった。

 至上まれに見る大津波に襲われ、多くの方が命を落とし、そして多くの方が最愛の方を亡くされた。夢や希望を持ち、またある人は、毎日平凡で、だけど、誰かがかならずそばにいる・・・そんなありふれた日常を一瞬にして奪っていった今回の大津波。
 本当に、あまりにも突然すぎて言葉がない。

 多くの人が、この震災があってから人生について考えたと思う。
私もその一人で、人生で大切なものは何か?ということについて、真剣に考えさせられ、今も考え続けている。

 価値観は人それぞれ異なるので一概には言えないのかもしれないが、少なくとも、私たち、残された人間は、今を精一杯生きていかなければいけないと思う。
 
 被災地の一日も早い復興を祈っています・・・・。
posted by shanghai3 at 17:21| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。